アパート選び方のコツ

アパート選び方のコツ

日本でも同じですが、バンコクのアパートには完璧な物件は存在しないでしょう。
重視するべき条件として以下の4点をあげることが出来ます。

■立地 - 買い物の便は良いか、治安は良いか、病院は近いか、シーロー・タクシーなどの交通手段の有無などです。
■管理 - トラブル時の対応の速さ、セキュリティがしっかりしているか、ペストコントロールの有無などです。
■内装 - お部屋の内装、レイアウト、建物の雰囲気が自分の好みと合っているか、などです。
■遊び場 - 子供の遊び場(屋内・屋外)が充実しているか、子供用のプールがあるか、などです。

その中でも、何を最重要視するかが必要になっています。
立地も最高、管理も最高、部屋も最高といった物件は、よほどの高額な家賃を支払わない限りなかなかありません。
部屋には少々目をつぶっても立地を取るか、場所は少し不便だけれどもとにかく部屋を重視するのか、とにかく子供の遊び場が最も大切なのか、など何が最も大切かをはっきりさせるとお部屋も選び易くなります。

ただ、管理面だけは何れを重視するにしろ、大切な事です。
タイの物件では日本の常識では考えられないような事が頻繁に起こります。その為、管理面は最重要項目にするべきです。タイの物件は建設途中の建物を見ても感じられると思いますが、日本に比べると作業が細かくなく大雑把でです。
その為、配水管からの水漏れやエアコンからの水漏れなど、水に関するトラブルが非常に多いです。また、トラブルがあった後で修理や手直しを依頼してエンジニアを手配しても、たいてい時間通りに来ない場合がほとんどです。
ひどい時には連絡も無しで来なかったりします。

当たり前のことかもしれませんが、多くの日本人駐在員の方、そのご家族の方はどうしても日本の常識を持ってタイで生活されようとする為、特にタイに慣れない間はアパートの対応やタイ人のいい加減差にストレスが溜まる事がどうしても多くなります。そういうことも含めて、管理の悪いアパートは極力避けるべきです。
我々不動産業者は、紹介責任とお客様に快適と安心をお届けしたいとの思いから、何かトラブルがあった時は頑張ってアパート側と交渉します。
ただ、オーナー側が動いてくれない場合もあり、アパート側の問題に関しては、大変申し訳ございませんがお客様を助ける事は出来ても完全に責任を取るという事は出来ません。
この点が、我々業者仲間でも頭を痛めている部分であり、我々の仕事の難しい部分です。
タイ人オーナーと日本人のお客様の間に入るという事は、考え方の違いもあり非常に気を遣います。

仲介をするだけで、管理は管理料金(通常家賃に込み)を取って管理会社が行う日本の不動産業者と違い、タイの不動産業者は仲介後のアフターフォローも無償で行っています。トラブルがあった時に不動産屋に「苦情」という形ではなく、「相談」をするスタンスを取った方が結果的には良い結果が出るかもしれません。

業者を選ぶ時は、気軽に何でも相談できる業者・担当の人であるか、物件に関して何でもストレートに意見をしてくれるかどうかという部分も重要です。 いいアパートを探すコツの一つに、アフターフォローも踏まえて良い業者さんを選ぶことも加わるかもしれません。