物件の種類について

物件の種類について

タイの物件はアパートとコンドミニアムとサービスアパートの 3種類に分ける事が出来ます。

一つの建物を一人のオーナー、またはひとつの会社が管理している物件をアパートと呼びます。
日本の分譲マンションのように建物の一部屋が分譲され、部屋ごとにオーナーが違う物件をコンドミニアムと呼びます。

サービスアパートは、アパートにホテルと同様にお部屋の掃除やベッドシーツの交換などのメイドサービスが付加された物件で、アパートとホテルの中間的な物件です。

アパートでは基本的に全ての部屋に同じ家具、家電が設置されています。修理担当のエンジニアなどを雇っているケースが多く、同じ家具、家電を導入していることから代わりの部品などもストックとして保管していることもあります。その為、修理などを依頼しても修理担当者が比較的早くお部屋に向かい対応する事が可能です。

一方コンドミニアムは個人オーナーに問題箇所を伝え、個人オーナーが問題箇所に適したエンジニアを雇い対応することとなります。その為アパートに比べエンジニアの手配に時間がかかりますし、お部屋によって設置されている家具、家電も違いますから、修理も一度で終わらないこともあります。

また、オーナーがタイを離れており連絡が取れないという場合もあったりします。コンドミニアムのお部屋はオーナー個人の所有物であり、我々業者を含めて第三者がオーナーの許可を得ないままに対処するという事が出来ません。
場合によってはご入居期間中トラブルとのお付き合いというケースも少なくありません。

サービスアパートは、ホテル同様に管理がしっかりとしており、管理面では最も安心です。
フロントも基本的に 24時間いつでもコンタクトが可能で、スタッフも英語が話せるがいます。物件によっては日本語対応可能なスタッフも常駐しております。

このように書くと、アパート・サービスアパートの方が良くコンドミニアムは悪いという印象を持たれるでしょうが、コンドミニアムにももちろんメリットはあります。新築物件には圧倒的にコンドミニアムが多く、「駅に近い」=(立地が良い)ロビーなどがアパートと比較しても豪華である事や、個性的なお部屋も多、く自分にピッタリのお部屋が見つかることがあるなど多くのメリットもあります。

また、電気代・水道代が基本的に公社からの直接請求となり、アパートのようにチャージが掛からない為に、同じ量を使用しても光熱費はアパートに比べて安くなります。良いオーナーと巡り合えればアパートより対応が良いケースも有りますので、一概にどちらの方が優れているとは言えません。別項で記載しておりますが、法人契約には複雑な税務処理能力が必要となりますので、個人オーナーが多いコンドミニアムでは法人契約が出来ない場合が多いので注意が必要です。